現在位置
デジサート・ジャパン トップ > プレスリリース > 2019年 > 調査:企業ブランドと消費者を守る認証局の選び方
  • Email
  • Print

2019年5月31日
デジサート・ジャパン合同会社

調査:企業ブランドと消費者を守る認証局の選び方

デジサートは、フロスト&サリバン社が実施した調査「世界のTLS証明書認証局の市場 - エンタープライズユーザのための主なインサイト」をまとめたホワイトペーパーを公開しました。調査では売上げシェア、機能、実績などが網羅されており、デジサートはハイアシュアランス証明書の世界市場をリードしています。

フィッシング詐欺などの被害を回避するため、企業や消費者には強固なアイデンティティ保証が求められます。今回のTLS証明書認証局市場に関する調査では、企業ブランドと消費者を守るためのインサイトが示されています。

  • TLS証明書の重要性について:TLS証明書を使用すべき理由とその機能
  • ハイアシュアランスの証明書の市場について
    -トレンド:ブラウザの仕様変更が認証局と企業に与える影響
    -市場分析:主要認証局別売り上げシェア、機能比較
    -市場の見通し:エンドユーザのセキュリティに対する認識、暗号化の重要性の理解の高まり
  • 企業ブランドと消費者を守るための認証局の選び方:検討すべき5つの要素

世界中で電子決済の利用が増える一方で、フィッシングやなりすましなどのオンライン被害は増加傾向にあります。 実際、フロスト&サリバンが実施した2018年のGlobal State of Online Digital Trust(オンライン電子取引の信頼に関する世界的状況)調査では、オンラインの信頼性と収益低下の直接的な関係性が明らかになっています。国別でも日本は、信頼性指数が低く、大規模なサイバー犯罪が数件でも発生すれば、それはマイナス値になる恐れすらあります。

多くの消費者がオンラインで様々な商取引をおこなうようになるに従い、企業が求めるニーズも変化します。ブラウザがHTTPの通信に対して警告を出すようになったことにより、SSL/TLS証明書は今やオンラインで事業を行う上での最低条件となっています。さらにその有効期限を2年までに制限することになったため、企業が証明書を更新する頻度は、約3割増加しました。 こうしたなか、サービスのレベルの高さや信頼できるセキュリティ、機能的な管理ツールを持つ認証局を選択することは、業務継続性を実現し、競争力の向上につながります。

ホワイトペーパー「世界のTLS証明書認証局の市場 - エンタープライズユーザのための主なインサイト」は、こちらよりダウンロードいただけます。

※ハイアシュアランス証明書:
SSL/TLSサーバ証明書には、DV(Domain Validation)、OV(Organization Validation)、EV(Extended Validation)の3種類があります。DVは、ドメインのみを認証して発行された証明書で、サイトの運営企業の実在性認証がないので、OVやEVと比較して信頼性は低いということになります。フィッシングサイトはDVを利用することがよく知られています。OVはドメイン認証に加え、運営している企業や組織が実在していることを確認したうえで発行された証明書です。EVは、OVよりさらに厳格な審査基準にしたがって公的文書などの確認を行うことで企業の法的実在を確認して発行される証明書です。ここでは、企業認証を行っているOVとEV がハイアシュアランス証明書に該当します。


【DigiCert, Inc.について】

デジサートは、コネクティッド環境向けのスケーラブルなセキュリティソリューションのリーディングプロバイダです。
Global 2000を含む革新的企業の多くは、WebサービスとIoTデバイス向けのアイデンティティと暗号化に関する専門知識からデジサートを選択しています。
デジサートは、証明書ライフサイクル管理プラットフォームCertCentralを通じて、あらゆる規模のPKI配備のためのSSL/TLSおよびその他デジタル証明書を提供しています。
デジサートは、エンタープライズグレードの管理プラットフォームの数十におよぶ受賞歴、迅速かつ博識なカスタマーサポート、市場をリードする成長で知られてきました。
デジサートの最新のニュースと更新情報については、digicert.comをご覧ください。

Copyright © DigiCert Japan G.K. All rights reserved. DigiCertおよびDigiCertのロゴはDigiCert, Incの商標または登録商標です。シマンテック(Symantec)、ノートン(Norton)、およびチェックマークロゴの商標はSymantec Corporationのライセンスにもとづき使用されています。その他の名称もそれぞれの所有者による商標である可能性があります。

将来に関する記述:製品の今後の予定についての将来に関する記述は予備的なものであり、未来のリリース予定日はすべて暫定的で、変更の可能性があります。今後の製品のリリースや予定されている機能修正についてはデジサートが継続的な評価を行っており、実装されるかどうかは確定していません。デジサートが確言したと考えるべきではなく、購入決定の理由とすべきではありません。