現在位置
デジサート・ジャパン トップ > プレスリリース > 2011年 > 国内初※1、PCにプレインストールされたワンタイムパスワードトークンを出荷開始
  • Email
  • Print

2011年9月6日
日本ベリサイン株式会社

国内初※1、PCにプレインストールされたワンタイムパスワードトークンを出荷開始

パナソニック「レッツノート」2011年秋冬モデルに採用利用者の利便性向上とセキュリティ強化を両立

日本ベリサイン株式会社 (本社:東京都中央区、代表取締役社長:古市 克典、以下ベリサイン)は、パナソニック株式会社(以下パナソニック)のレッツノート2011年秋冬モデルに、クラウド型ワンタイムパスワード認証サービスである「ベリサイン アイデンティティ プロテクション(以下、VIP) オーセンティケーションサービス)※2で利用可能な、ワンタイムパスワード生成ツール「VIP Access Desktop」がインストールされ、9月9日より順次発売されることを発表します。ワンタイムパスワードのソフトウェアトークンがパソコンにプレインストールされるのは、国内で初めてとなります。

勤務体系の多様化や事業継続計画の策定により外部からの社内のリソースへのアクセスやクラウドサービスの利用が増加する中、セキュリティ強化策としてワンタイムパスワードの導入が進んでいます。VIP Access Desktopは、第2世代 インテル® Core™プロセッサプラットフォームに実装されている、インテル アイデンティティ プロテクション テクノロジー(IPT)※3を活用したワンタイムパスワード生成ツールです。ワンタイムパスワードの生成はインテルのチップセットで実行されるため、ハードウェアトークンと同様の安全性を実現します。

また、セキュリティ強化は利用者負担を伴うことが課題となります。パナソニックのレッツノートにVIP Access Desktopがインストールされた状態で出荷されることで、利用者はワンタイムパスワードトークンのダウンロードが不要となり、レッツノートを入手するとすぐにワンタイムパスワードを利用できるようになります。さらにレッツノートがあれば個別にトークンを所有する必要がなくなり、利用者はレッツノートに集約された環境で、安全にリモートアクセスが可能となります。

ワンタイムパスワードによるセキュリティ強化を図りたい企業やサービス事業者にとって、トークンの配布や管理がワンタイムパスワード導入の障壁となっていました。しかし、今後はレッツノート所有者をトークン配布済み利用者として即座に取り込み、安全なサービス環境の構築を可能となります。

パナソニック株式会社 ITプロダクツビジネスユニット 国内営業グループ グループマネージャー 向坂 紀彦氏は次のように述べております。

「当社のモバイルPC「レッツノート」は、モバイル時の盗難、紛失、情報漏えい対策を支援するさまざまなハードウェアベースのセキュリティソリューションを提供しています。このたび、レッツノートとVIP Access Desktopの組み合わせにより、リモートアクセスやクラウドを含む各種インターネットサービスを利用する際のワンタイムパスワードによる手軽で強固な認証を実現しました。今後も安心してお使いいただけるモバイル環境を提供します。」

VIP Access Desktopの仕様 (イメージ図)

  • レッツノート2011
  • VIP Access Desktop拡大図

サポートプラットフォーム

OS Windows 7 SP1, Vista SP2, XP Professional SP3
ブラウザ(自動入力利用時) Internet Explorer 7, 8, 9およびFirefox 3, 4
言語 日本語、英語、ドイツ語、フランス語、ブラジルポルトガル語、スペイン語、イタリア語、ギリシャ語

以上

  • ※1 当社調べ
  • ※2 VIP オーセンティケーションサービスについて
    ワンタイムパスワードによる二要素認証を提供するサービスです。クラウド型のサービス提供により、短時間の導入を実現するとともに、運用負荷を軽減できます。また、オープンスタンダードのOATH準拠のため、利用環境やニーズに合わせたトークンをご利用いただけます。 https://www.jp.websecurity.symantec.com/vip/auth.html
  • ※3 インテル アイデンティティ プロテクション テクノロジー(IPT)について
    第2世代インテルR CoreTMプロセッサーに2要素認証を直接組み込んだ技術です。
    http://www.intel.com/jp/technology/identityprotectiontechnology/index.htm

【日本ベリサイン株式会社について】

日本ベリサイン株式会社(東証マザーズ証券コード:3722)は、1996年、VeriSign, Inc.(NASDAQ:VRSN)の最初の海外法人として設立され、2010年8月、米国シマンテック・コーポレーションの子会社となりました。当社は、複雑化するネットワーク環境において、利用者がインフラの存在を意識することなく、安心してビジネスやコミュニケーションを行うことができる社会の実現を目指して、ウェブサイトの実在性を証明するSSL/TLSサーバ証明書発行サービス、認証局構築のアウトソーシングサービス、ドメイン名登録サービス、セキュリティに関する様々なコンサルティング、そしてセキュリティトレーニングなど、情報セキュリティ全般にわたるサービスを提供しています。
詳細は https://www.jp.websecurity.symantec.com をご参照ください。

Copyright © 2011 DigiCert Japan G.K. All rights reserved.

  • シマンテック(Symantec)、 ノートン(Norton)、およびチェックマークロゴ(the Checkmark Logo)は米国シマンテック・コーポレーション(Symantec Corporation) またはその関連会社の米国またはその他の国における登録商標、または、商標です。
  • ベリサイン(VeriSign)、ベリサイン・トラスト(VeriSign Trust)、およびその他の関連するマークは米国VeriSign, Inc.またはその関連会社の米国またはその他の国における登録商標、または、商標です。
  • その他の名称もそれぞれの所有者による商標である可能性があります。

お問い合わせ先

お問い合わせはこちらから