現在位置
デジサート・ジャパン トップ > プレスリリース > 2010年 > クラウド型のリモートアクセス向けワンタイムパスワード、「ベリサイン アイデンティティ プロテクション エンタープライズ ゲートウェイ」を提供開始
  • Email
  • Print

2010年 9月 7日
日本ベリサイン株式会社

クラウド型のリモートアクセス向けワンタイムパスワード、
「ベリサイン アイデンティティ プロテクション エンタープライズ ゲートウェイ」を提供開始

クラウド型サービスと多様なトークンにより、早期導入とコスト削減、利便性とセキュリティ強化を実現

日本ベリサイン株式会社 (本社:東京都中央区、代表取締役社長:古市 克典、以下ベリサイン)は、企業内ネットワークへのリモートアクセス向けのクラウド型ワンタイムパスワード認証サービス「ベリサイン アイデンティティ プロテクション (以下、VIP) エンタープライズ ゲートウェイ」を11月より提供開始します。

VIP エンタープライズ ゲートウェイは、既に提供しているクラウド型ワンタイムパスワード認証サービス、「VIP オーセンティケーションサービス※1」を、社内ネットワークへのリモートアクセスにも利用可能にしたものです。ユーザIDとワンタイムパスワードの認証を行うプロセスを、お客様企業の自社内サーバでは無く、ベリサインのデータセンター内のVIPネットワークを利用することにより、認証システムの構築、運用・管理が不要になり、短期間での導入とランニングコストの削減を実現しました。年間利用価格は、100ユーザ25万円〜となります。

「VIP エンタープライズ ゲートウェイ」の特長は以下の通りです。

①導入を迅速化し運用負担を軽減できる、クラウド型サービス

認証サーバを自社内に設置する場合に比べ、VIP エンタープライズ ゲートウェイは短時間での導入が実現可能です。システムの設計や構築のプロセスが不要となり、最短で1〜2ヶ月での導入が可能になります。また、導入後のサーバ管理も不要になるため、サーバの自社内設置型に比べ、ランニングコストを約半分※2に抑えることが可能です。

②利用者の環境に応じた、トークンの豊富なラインナップ

標準規格OATHを採用した認証サービスにより、OATH準拠の様々なトークンの利用が可能です。従来、リモートアクセスのトークンは、キーホルダーサイズのハードウェア型がほとんどでしたが、ベリサインが無償提供するスマートフォン向けVIP Access for Mobile※3やInternet Explorer向けVIP Access Toolbar※4など、利用者の環境やニーズに応じて、様々な選択肢の中から最適なトークンを選ぶことができます。ソフトウェア型のトークンの利用では、紛失・故障・在庫管理などの手間とコストを省くことができます。また、在宅勤務者や外部委託先など、固定されたPCを利用する場合、VIP Access Toolbarのオートフィル機能※5を利用することでログインが容易になり、利便性を損なうことが無く、リモートアクセスが可能となります。

③単一のトークンを複数のサービスで共用できる、トークンシェアリング

クラウドサービスの利用により、リモートアクセス先は社内のネットワークに限らず、複数にわたるケースが見られます。アクセス先ごとにワンタイムパスワードを導入すると、それに応じた数量のトークンを所持・利用する必要があり、利便性が低下する恐れがあります。しかし、VIP エンタープライズ ゲートウェイでは、クラウド型により認証サーバを共用することが可能となるため、単一のトークンで複数のアクセス先にワンタイムパスワード認証を利用できます。

クラウドサービス市場の成長に伴い、企業の重要な情報資産は社内ネットワークに加え、様々な社外環境にも保存されるケースが増えています。また、リモートアクセスの利用機会は、営業やサポート要員などの外出先からのアクセスだけでなく、在宅勤務者や外部業者への委託などビジネスの多様化に合わせて増えており、IDとパスワードにワンタイムパスワードを加えた二要素認証による認証強化の必要性が高まっています。一方、ハードウェアトークンの使用による業務効率の低下やコストがネックとなり、リモートアクセス環境の導入を見送るケースも見られました。VIP エンタープライズ ゲートウェイは、これらの課題に対応し、コストを最小限に抑えつつ、セキュリティ強化と利便性向上の両立を可能にする認証強化ソリューションです。

【VIP エンタープライズ ゲートウェイの概要図】

VIP エンタープライズ ゲートウェイの概要図

以上

  • ※1 VIP オーセンティケーションサービスについて
    ワンタイムパスワードによる二要素認証を提供するサービスです。クラウド型のサービス提供により、短時間の導入を実現するとともに、運用負荷を軽減できます。また、オープンスタンダードのOATH準拠のため、利用環境やニーズに合わせたトークンを利用できます。
    https://www.jp.websecurity.symantec.com/vip/auth.html
  • ※2 当社調べ
  • ※3 VIP Access for Mobileについて
    https://download.verisign.co.jp/index.html
  • ※4 VIP Access Toolbarについて
    https://idprotect.verisign.co.jp/toolbar/index.html
  • ※5 オートフィル機能について
    ツールバー上にある機能で、ワンタイムパスワードの入力欄にワンクリックでパスワードが入力されるため、ログインがよりスムーズになります(デフォルトで無効にする設定も可能)。

【日本ベリサイン株式会社について】

日本ベリサイン株式会社(東証マザーズ証券コード:3722)は、1996年、VeriSign, Inc.(NASDAQ:VRSN)の最初の海外法人として設立され、2010年8月、米国シマンテック・コーポレーションの子会社となりました。当社は、複雑化するネットワーク環境において、利用者がインフラの存在を意識することなく、安心してビジネスやコミュニケーションを行うことができる社会の実現を目指して、ウェブサイトの実在性を証明するSSL/TLSサーバ証明書発行サービス、認証局構築のアウトソーシングサービス、ドメイン名登録サービス、セキュリティに関する様々なコンサルティング、そしてセキュリティトレーニングなど、情報セキュリティ全般にわたるサービスを提供しています。
詳細は https://www.jp.websecurity.symantec.com をご参照ください。

Copyright © 2010 DigiCert Japan G.K. All rights reserved.

  • シマンテック(Symantec)、 ノートン(Norton)、およびチェックマークロゴ(the Checkmark Logo)は米国シマンテック・コーポレーション(Symantec Corporation) またはその関連会社の米国またはその他の国における登録商標、または、商標です。
  • ベリサイン(VeriSign)、ベリサイン・トラスト(VeriSign Trust)、およびその他の関連するマークは米国VeriSign, Inc.またはその関連会社の米国またはその他の国における登録商標、または、商標です。
  • その他の名称もそれぞれの所有者による商標である可能性があります。

お問い合わせ先

お問い合わせはこちらから