現在位置
デジサート・ジャパン トップ > プレスリリース > 2010年 > ベリサイン、1つの証明書で複数のコモンネームに対応したSSL/TLSサーバ証明書を提供開始
  • Email
  • Print

2010年 6月 17日
日本ベリサイン株式会社

ベリサイン、1つの証明書で複数のコモンネームに対応したSSL/TLSサーバ証明書を提供開始

Microsoft® Communications Server 2007 R2 やMicrosoft® Exchange Serverなどの運用において、複数のコモンネームの利用でも SSL/TLSサーバ証明書のインストールが1枚で済み、作業負担を軽減

日本ベリサイン株式会社 (本社:東京都中央区、代表取締役社長:古市 克典、以下ベリサイン)は、エンタープライズ向け「ベリサイン マネージドPKI for SSL」において、「Subject Alternative Names (サブジェクトの別名、以下、SANs)」のサポートを7月15日より開始します。

SANsとは、1枚のSSL/TLSサーバ証明書で、複数のコモンネーム(FQDN名)をサポートするものです。サーバIDの申請・取得時に認証局へ提出する署名リクエスト(Certificate Signing Request、以下CSR)を生成する際、SSL/TLSサーバ証明書のサブジェクトフィールドで指定したコモンネームとは別に、SANsフィールドに異なるコモンネームを設定することが可能になり(図1参照)、クライアントのブラウザからは、どちらのコモンネームに対してもアクセスが可能です。(図2参照)

SANsを利用することにより、お客様に以下のようなメリットがございます。

  1. コモンネーム毎に複数回行ってきたCSR生成、申請、インストール作業が1回で可能になり、お客様の運用工数が削減できます。
  2. 1枚のSSL/TLSサーバ証明書しかインストールできない仕様のサーバでも、複数のコモンネームでのアクセスが可能になります。
    (Microsoft® Communications Server 2007 R2 やMicrosoft® Exchange Serverなどでは、複数のコモンネームを利用する場合、SANsを利用する必要があります。)

SANsの対象となるシステムは、ベリサイン マネージドPKI for SSLで取り扱うベリサインのサーバSSL証明書各種になります。申請および設定は、7月15日(木)より可能です。

ベリサインでは、今後もお客様への利便性の高い、SSL/TLSサーバ証明書の提供を目指していきます。

【図1】SSL/TLSサーバ証明書における「SANs」のフィールド


SSL/TLSサーバ証明書のサブジェクトフィールドで指定したコモンネームとは別に、SANsフィールド(サブジェクトの別名)に異なるコモンネームを設定することが可能になります。

【図2】SANsの概要図


クライアントのブラウザからは、サブジェクトフィールド、SANsフィールド(サブジェクトの別名)のどちらのコモンネームに対してもアクセスが可能です。

以上

【日本ベリサイン株式会社について】

日本ベリサイン株式会社(東証マザーズ証券コード:3722)は、1996年、VeriSign, Inc.(NASDAQ:VRSN)の最初の海外法人として設立されました。当社は、複雑化するネットワーク環境において、利用者がインフラの存在を意識することなく、安心してビジネスやコミュニケーションを行うことができる社会の実現を目指して、ウェブサイトの実在性を証明するサーバ証明書発行サービス、認証局構築のアウトソーシングサービス、ドメイン名登録サービス、セキュリティに関する様々なコンサルティング、そしてセキュリティトレーニングなど、情報セキュリティ全般にわたるサービスを提供しています。
詳細はhttps://www.jp.websecurity.symantec.comをご参照下さい。

Copyright © 2010 DigiCert Japan G.K. All rights reserved.

  • 「VeriSign」はVeriSign, Inc.の米国およびその他の国での登録商標です。
  • その他、文中に記載されている会社名および商品名は、各社の商標または登録商標です。

お問い合わせ先

お問い合わせはこちらから