現在位置
デジサート・ジャパン トップ > プレスリリース > 2010年 > 全国 約180の信用金庫が利用する、しんきん情報システムセンターの「しんきんインターネットバンキングシステム」に、ベリサインのEV SSL証明書を導入
  • Email
  • Print

2010年 6月 14日
日本ベリサイン株式会社

全国 約180の信用金庫が利用する、しんきん情報システムセンターの「しんきんインターネットバンキングシステム」に、ベリサインのEV SSL証明書を導入

日本ベリサイン株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役社長:古市克典、以下ベリサイン)は、株式会社しんきん情報システムセンター(本社:東京都中央区、取締役社長:西田 年一、以下しんきん情報システムセンター)が、全国の信用金庫向けに提供するインターネットバンキングサービス「しんきんインターネットバンキングシステム」に、ベリサインのEV SSL証明書が採用され、本日より稼動を開始したことを発表しました。

現在、国内では、インターネットバンキングの利用者が増えていくなか、フィッシング詐欺によるID・パスワードの詐取や不正アクセスによる被害への心配や、システムの安全性を求める声が高まっています。しんきん情報システムセンターでは、信用金庫のお客様がより安全にインターネットバンキングを利用できるよう、ベリサインのEV SSL証明書の導入を決定しました。

しんきん情報システムセンターが、EV SSL証明書を導入したのは、日本全国約180の信用金庫が利用するインターネットバンキングで、個人向けの「しんきんインターネットバンキングシステム」と、法人向けの「しんきん法人インターネットバンキングシステム」です。ID・パスワードの取得から、ログイン画面以降、全ての取引ページにベリサインのEV SSL証明書が導入され、最新のブラウザでこれらのサイトにアクセスすると、アドレスバーなどが緑色に変化します。

しんきん情報システムセンターでは、従来、日本ベリサインのSSL/TLSサーバ証明書による暗号化を行ってきました。しかし、高度化・多様化するインターネット上の脅威に対し、より使いやすく、安心かつ安全性の高いサービスを提供するため、国内の金融機関へのEV SSL証明書の提供でトップの実績を持つ、ベリサインを採用することとなりました。

今回、個人向けの「しんきんインターネットバンキングシステム」と、法人向けの「しんきん法人インターネットバンキングシステム」へのEV SSL証明書の導入により、本サービスを利用する全国約180の信用金庫の個人、法人の取引先は、さらに安心してインターネットバンキングを利用することができます。

以上

【しんきんインターネットバンキングシステムについて】

しんきんインターネットバンキングシステムは、しんきん情報システムセンターが提供するインターネットバンキングサービスです。現在、約180の信用金庫が本サービスを利用して、法人、個人のお客様へインターネットバンキングを提供しています。個人のお客様へは、利用申込、残高照会、入出金明細照会、資金移動、定期預金、定期積金、住所変更申込、税金・各種料金の払込み等の業務に対応しています。法人のお客様へは、残高照会、入出金明細照会、資金移動、税金・各種料金の払込み、ファイル伝送、外部ファイル送受信等の業務に対応しています。

【日本ベリサイン株式会社について】

日本ベリサイン株式会社(東証マザーズ証券コード:3722)は、1996年、VeriSign, Inc.(NASDAQ:VRSN)の最初の海外法人として設立されました。当社は、複雑化するネットワーク環境において、利用者がインフラの存在を意識することなく、安心してビジネスやコミュニケーションを行うことができる社会の実現を目指して、ウェブサイトの実在性を証明するサーバ証明書発行サービス、認証局構築のアウトソーシングサービス、ドメイン名登録サービス、セキュリティに関する様々なコンサルティング、そしてセキュリティトレーニングなど、情報セキュリティ全般にわたるサービスを提供しています。
詳細はhttps://www.jp.websecurity.symantec.comをご参照下さい。

Copyright © 2010 DigiCert Japan G.K. All rights reserved.

  • 「VeriSign」はVeriSign, Inc.の米国およびその他の国での登録商標です。
  • その他、文中に記載されている会社名および商品名は、各社の商標または登録商標です。

お問い合わせ先

お問い合わせはこちらから