現在位置
デジサート・ジャパン トップ > プレスリリース > 2010年 > ベリサインのEV SSL証明書、IIJの「IIJサーバ証明書管理サービス」のメニューに追加
  • Email
  • Print

2010年 4月 12日
日本ベリサイン株式会社

ベリサインのEV SSL証明書、IIJの「IIJサーバ証明書管理サービス」のメニューに追加

日本ベリサイン株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役社長:古市克典、以下ベリサイン)は、株式会社インターネットイニシアティブ(本社:東京都千代田区、代表取締役社長 CEO:鈴木幸一、以下IIJ)の「IIJサーバ証明書管理サービス」のメニュー向けに、EV SSL証明書の提供を開始しました。

「IIJサーバ証明書管理サービス」とは、サーバ取得時に必要となるCSRの生成、ベリサインへの申請作業、インストール作業をお客様に代わって代行するサービスです。このサービスを利用することにより、ウェブサイトを運営する企業はEV SSL証明書の取得・維持にかかっていた一連の作業負荷を低減することができますので、導入が促進されます。

今回、IIJ向けに提供が開始されるベリサイン「グローバル・サーバID EV」と「セキュア・サーバID EV」は、いずれも従来のSSL/TLSサーバ証明書に比べ、より厳格な企業認証を行って発行されます。ベリサインのEV SSL/TLSサーバ証明書を利用することにより、アクセス中のウェブサイトが本物であり、オンライン取引の安全性が保証されていることを視覚的に伝え、ウェブサイトを訪問するエンドユーザの安心感を最大限に高めることができます。この結果、エンドユーザのウェブサイトに対する心理的不安が解消され、売上向上やコンバージョン率向上などを実現した成功事例が豊富にあります。

「IIJサーバ証明書管理サービス」での採用に関しては、ベリサインのEV SSL証明書がグローバルでトップクラスの導入実績があること、対応ブラウザが豊富なことが評価されました。ベリサインは、IIJのテクノロジーパートナーとして、クラウドビジネスの基盤となる技術・製品を提供しており、サービスの一層の拡充を検討しております。ベリサインは、IIJのクラウドサービスやホスティングサービスのパートナーとして、更にIIJと連携を強化し、お客様が求めるセキュリティ環境の構築を目指していきます。

  • ウェブページにアクセスした訪問者のうち、商品の購入や資料請求の申し込みなど、そのページで得られる成果に至った割合

以上

【日本ベリサイン株式会社について】

日本ベリサイン株式会社(東証マザーズ証券コード:3722)は、1996年、VeriSign, Inc.(NASDAQ:VRSN)の最初の海外法人として設立されました。当社は、複雑化するネットワーク環境において、利用者がインフラの存在を意識することなく、安心してビジネスやコミュニケーションを行うことができる社会の実現を目指して、ウェブサイトの実在性を証明するサーバ証明書発行サービス、認証局構築のアウトソーシングサービス、ドメイン名登録サービス、セキュリティに関する様々なコンサルティング、そしてセキュリティトレーニングなど、情報セキュリティ全般にわたるサービスを提供しています。
詳細はhttps://www.jp.websecurity.symantec.comをご参照下さい。

Copyright © 2010 DigiCert Japan G.K. All rights reserved.

  • 「VeriSign」はVeriSign, Inc.の米国およびその他の国での登録商標です。
  • その他、文中に記載されている会社名および商品名は、各社の商標または登録商標です。

お問い合わせ先

お問い合わせはこちらから