現在位置
デジサート・ジャパン トップ > プレスリリース > 2010年 > ベリサイン、クラウド型のオンライン詐欺検出サービス「VIP FDS Hosted」の提供開始
  • Email
  • Print

2010年 3月 25日
日本ベリサイン株式会社

ベリサイン、クラウド型のオンライン詐欺検出サービス「VIP FDS Hosted」の提供開始

利用者の行動から異常を検知し不正を防ぐリスクベース認証を早期かつ手頃なコストで導入可能に

日本ベリサイン株式会社 (本社:東京都中央区、代表取締役社長:古市 克典、以下ベリサイン)は、ベリサイン アイデンティティ プロテクション オンライン詐欺検出サービス(VIP FDS)に、より導入が容易なクラウド型の「ベリサイン アイデンティティ プロテクション オンライン詐欺検出サービスHosted」(以下、VIP FDS Hosted)を追加し、3月25日から提供します。

VIP FDSは、インターネット上に公開されたサービス(オンラインバンキングやECサイトなど各種会員ウェブサイト等)上でのなりすましによる詐欺や、社内リソースの不正利用など、利用者の行動パターン分析を元に検出し、不正を防ぐサービスです。今回、VIP FDSに追加される「VIP FDS Hosted」は、VIP FDSの機能はほぼそのままに、VIP FDSの利用に必要な全てのシステムを、ベリサインのデータセンタ内で保有・運用するサービスです。導入する企業は、詐欺検出を行うサーバやデータベースなどを自社内で保有・運用する必要がないため、早期かつ手頃なコストでVIP FDSを自社サービスに付加し、安全性を高めることができます。

近年、不正アクセスやフィッシングなどによる個人情報の漏えい問題や、インターネットバンキングでの不正払戻しなどの発生を通じて、ネットの安全に対する利用者の意識が高まっています。これに対し、金融機関などは、ワンタイムパスワードや生体認証の併用など利用者が追加作業を行うことにより、ログイン時の認証強度を高める対策や、リスクベース認証と呼ばれる「通常と異なる行動や異常な取引・操作」を発見して追加の認証を求める対策などを取ってきました。

今回の「VIP FDS Hosted」の提供により、インターネット経由でサービスを提供する事業者や、社内不正を防止したい企業など、様々なお客様にリスクベース認証を短期間かつ低コストでご活用いただくことが可能となります。また、本サービスの利用者は、追加の負担が無く、より安全にインターネットでの取引や個人情報の入力ができるようになります。

  • FDS:Fraud Detection Service(詐欺検出サービス)

以上

【日本ベリサイン株式会社について】

日本ベリサイン株式会社(東証マザーズ証券コード:3722)は、1996年、VeriSign, Inc.(NASDAQ:VRSN)の最初の海外法人として設立されました。当社は、複雑化するネットワーク環境において、利用者がインフラの存在を意識することなく、安心してビジネスやコミュニケーションを行うことができる社会の実現を目指して、ウェブサイトの実在性を証明するサーバ証明書発行サービス、認証局構築のアウトソーシングサービス、ドメイン名登録サービス、セキュリティに関する様々なコンサルティング、そしてセキュリティトレーニングなど、情報セキュリティ全般にわたるサービスを提供しています。
詳細はhttps://www.jp.websecurity.symantec.comをご参照下さい。

Copyright © 2010 DigiCert Japan G.K. All rights reserved.

  • 「VeriSign」はVeriSign, Inc.の米国およびその他の国での登録商標です。
  • その他、文中に記載されている会社名および商品名は、各社の商標または登録商標です。

お問い合わせ先

お問い合わせはこちらから