現在位置
デジサート・ジャパン トップ > プレスリリース > 2010年 > ベリサインのSSL/TLSサーバ証明書が、Windows Azureを利用したサービスに導入決定
  • Email
  • Print

2010年2月23日
日本ベリサイン株式会社

ベリサインのSSL/TLSサーバ証明書が、Windows Azureを利用したサービスに導入決定

Windows Azure向けのSSL/TLSサーバ証明書のキャンペーンも提供開始

日本ベリサイン株式会社 (本社:東京都中央区、代表取締役社長:古市克典、以下ベリサイン)は、マイクロソフト株式会社(本社:東京都渋谷区、代表執行役 社長:樋口泰行、以下マイクロソフト)によるクラウドプラットフォームサービス「Windows® Azure™」を利用したアプリケーションサービスに、ベリサインのSSL/TLSサーバ証明書を提供しました。

Windows Azureは、マイクロソフトが2010年2月より本格提供を開始したクラウドプラットフォームサービスです。各ソフトウェアメーカーは、マイクロソフトのデータセンターに構築されたWindows Azure Platformに、アプリケーションサービスやシステムを開発し、インターネット経由でお客様に提供するSaaS型のサービスを展開することができます。ソフトウェアメーカーが自らサーバやネットワーク環境を構築するよりも、機器の購入や設置場所、回線などの費用を削減することができ、システムの拡張性や信頼性を高めることができます。また、ベリサインのSSL/TLSサーバ証明書を導入することで、よりセキュアなSaaS型のサービスを提供することが可能になります。

今回、宝印刷株式会社(本社:東京都豊島区、代表取締役社長:堆誠一郎)は、上場企業等のディスクロージャー支援サービス「X-Editor」の次世代システムのWindrows Azure上での動作確認を完了し、本サービス化にあたりベリサインのSSL/TLSサーバ証明書の導入を決定しました。今回の動作確認にあたっては、株式会社日立システムアンドサービスの協力のもと実現しました。宝印刷ではこれまでも、ディスクロージャーやIR関連のコンサルティングやサービス提供を行っており、通信経路における顧客企業の機密情報の漏えいを防ぐためにベリサインのSSL/TLSサーバ証明書を採用し、顧客企業に対して高いセキュリティを提供しております。

また、ワンビ株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長 加藤 貴、以下ワンビ)は、Windows Azureに対応した遠隔データ消去ソリューション「トラストデリート®クラウド版」を提供するにあたり、ベリサインのSSL/TLSサーバ証明書の導入を決定しました。ワンビはこれまでも、トラストデリートの管理者ログイン画面にベリサイングループのSSL/TLSサーバ証明書を採用するなど、お客様が安心してサービスを利用できる環境を提供してきました。

ベリサインでは、今後、Windows Azureを利用したアプリケーションサービスが拡大することを見込み、Windows Azure上でのSSLサイト構築を積極的に支援していきます。また、Windows Azureを利用してセキュアなサービスを開発する企業を支援するために、「Windows Azureスタートアップキャンペーン」として、SSL/TLSサーバ証明書を特別価格(約20%割引)で提供開始します。

以上

【日本ベリサイン株式会社について】

日本ベリサイン株式会社(東証マザーズ証券コード:3722)は、1996年、VeriSign, Inc.(NASDAQ:VRSN)の最初の海外法人として設立されました。当社は、複雑化するネットワーク環境において、利用者がインフラの存在を意識することなく、安心してビジネスやコミュニケーションを行うことができる社会の実現を目指して、ウェブサイトの実在性を証明するサーバ証明書発行サービス、認証局構築のアウトソーシングサービス、ドメイン名登録サービス、セキュリティに関する様々なコンサルティング、そしてセキュリティトレーニングなど、情報セキュリティ全般にわたるサービスを提供しています。
詳細はhttps://www.jp.websecurity.symantec.comをご参照下さい。

Copyright © 2010 DigiCert Japan G.K. All rights reserved.

  • 「VeriSign」はVeriSign, Inc.の米国およびその他の国での登録商標です。
  • その他、文中に記載されている会社名および商品名は、各社の商標または登録商標です。

お問い合わせ先

お問い合わせはこちらから